合宿免許自炊プランなら好きな食事でストレス無く免許が取れる!

自炊プランのメリットは、三食付きのプランよりも費用が安いことです。三食付きのプランは費用に食事代も含まれますが、自炊プランは食費が含まれない分安い費用で免許を取得することができます。食事は自前で用意しなければいけないのでその分の材料費などはかかるものの、自炊なら工夫次第で食費を抑えることが可能です。

もう一つのメリットは自分の好みのメニューが選べることです。何かとストレスが溜まる合宿期間では食事は大きな楽しみの一つです。おいしい食事で心身ともにリフレッシュすれば前向きな気持ちで教習に参加できますが、提供される食事が合わないと楽しいはずの食事でストレスを解消できません。イライラを抱えたまま教習に参加してもうまくいくはずがなく、時間も費用も余計にかかってしまう恐れがあります。

自炊プランなら毎日の食事は自分の好きなモノを食べられるので、食事が合わないという悩みはありません。好きなモノを好きなだけ食べられるので食事でストレスをスッキリ解消できるでしょう。

自炊プランのデメリット

自炊プランでは毎日の食事を自分で用意しなければならず、三食付きのプランよりも食事の準備の分だけ余計に手間がかかります。厳しい教習で心身ともに疲れきっていても自分で準備しない限り食事にはありつけませんから、慣れないうちは余計に疲労がたまってしまいます。

料理が得意で自炊に慣れている人は自炊プランでも毎日おいしい食事を食べられますが、普段自炊をしていない人が自炊プランに参加してしまうと食事事情が悲惨なことになりかねません。なれない料理で失敗したら美味しくない食事を食べる羽目になってしまいますし、作れる料理が限られていれば合宿の間中偏ったメニューで過ごすしかありません。合宿免許は最短でも2週間はかかるので、その間偏った食事を摂り続けると栄養バランスの面でも心配です。

自炊がめんどくさくなると結局は外食やコンビニ食中心の食生活になってしまい、三食付きプランよりも食費が割高になってしまう可能性もあります。数日程度なら自炊も苦になりませんが、2週間以上続く合宿の間中自炊するとなると負担は馬鹿になりません。料理を苦手にしている方ほどデメリットは大きくなるので注意してください。

こんな方に自炊プランが向いています。

料理が得意で毎日の食事の準備が苦にならない方には自炊プランの合宿免許はおすすめです。料理が好きな方にとっては食べるだけでなく料理をすることもストレス解消になりますし、食べ慣れた自分の味付けで食事を取れば環境の変化によるストレスも抑えられます。

好き嫌いが多い方や外食の味付けが口にあわない方も三食付きプランより自炊プランのほうがおすすめです。毎日口に合わない食事を食べ続けるのは想像以上にストレスを感じるものですが、自炊プランなら自分の好みの食事を食べられるので安心です。

食物アレルギーを持つ方は安全の意味でも自炊プランを選択した方がいいでしょう。合宿免許の食事の質は向上しているものの、アレルギー対応食を提供してくれるのはごく一部しかありません。自炊プランなら自分でアレルギーに配慮したメニューを用意できるので安全です。

とにかく安く免許を取得したい方にも自炊プランは向いています。食費が含まれていない自炊プランは三食付きプランよりも料金が安く、節約料理で食費を節約すれば費用を最小限に抑えて免許を取得できます。ある程度の料理の腕があることが前提ですが、お金をかけずに免許を取りたいなら自炊プランがおすすめです。

コメントは受け付けていません。