運転免許更新手続きの場所~大阪~

運転免許の申請期間(更新期間)。

運転免許証の有効期間は、満了となる日の直前の誕生日の“1カ月前~誕生日の1カ月後までの間”です。

有効期間の最終日が土曜日、日曜日、祝日(振替休日を含む。

)、あるいは年末年始(12月29日~1月3日)にあたる人は、これらの日の翌日まで手続きの有効期間となります。

運転免許の更新期間前の更新手続き。

海外旅行や出張、病気入院・療養、または出産など、やむを得ない事由によって有効期間内に手続できない人は、期間前に更新手続を終わらせることが可能です。

ただし大阪府下の警察署での更新期間前の更新は、出産や病気入院などやむを得ない理由がある人に限定されますので、該当する人は、パスポート、母子手帳など“やむを得ない理由が証明できるもの”を持参する必要があります。

申請場所・受付時間、更新時の講習受講。

免許証の申請場所・受付時間などは、大阪府下の各警察署(大阪水上・関西空港署を除く。

)、門真運転免許試験場、あるいは光明池運転免許試験場となります。

更新受付は、月曜日~金曜日(休日を除く)。

門真運転免許試験場・光明池運転免許試験場での免許更新は、午後2時30分以降になると新しい免許証の受け取りが翌営業日に持ち越しされますのでご注意ください。

警察署等で手続された人で、門真運転免許試験場、あるいは光明池運転免許試験場での「更新時講習受講」を希望する人の受付時間は、午後2時30分までとなります。

受講に必要な運転免許証、更新連絡書などは、更新期間の初日から数えて約1週間前に、公安委員会から免許証の住所に送付されます。

警察署での免許証の更新手続き。

大阪府下における警察署での免許証更新手続きは、従来どおり実施されています。

新しく直近に撮影した「持参写真」を用意してください。

運転免許証更新に必要となるものは、写真のほか黒または青のボールペン、常用されている人はメガネ(眼鏡等)、 本籍、氏名を変更した人は、本籍(外国籍の方は国籍等)が記載された住民票の写し が必須となります。

「国籍等」とは、「国籍の属する国または台湾、ヨルダン川西岸地区、およびガザ地区」のことを指します。

住所を変更した人は、住民票の写しまたは消印のある郵便物で新しい住所が確認できるものが必要です。

70歳以上の方の免許更新。

70歳以上の方は、「高齢者講習」、「特定任意高齢者講習」、「運転免許取得者教育(高齢者講習同等)」の終了証明書が必要になります。

ただしこれらの終了証明書は、免許証の更新期間が満了する日の前日から数えて“6月以内に受講したもの”に限られます。

海外旅行や出張、病気療養・入院など、やむを得ない理由のために免許証の更新期間内に手続できない人で、期間前に手続を済ませたい人は、パスポートなどの“やむを得ない理由が証明できるもの”を持参してください。

免許更新手数料・講習手数料など。

優良運転者の更新手数料は 2,500円で、講習手数料は 600円、合計で 3,100円となります。

講習時間は30分です。

一般運転者の講習手数料は 2,500円で講習手数料は 950円、合計で 3,450円となります。

講習時間は60分(1時間)となります。

違反運転者 の更新手数料は2,500円で、講習手数料は 1,500円、合計で 4,000円となります。

講習時間は 120分(2時間)となります。

初回更新者の更新手数料は 2,500円 で、講習手数料は1,500円、合計で 4,000円となります。

講習時間は 120分(2時間)です。

高齢者講習を受講した人で更新時講習が免除される人は、更新手数料のみとなります。

IC免許証について。

運転免許証のICカード化(ICカード免許証)により、このカードには本籍や免許証番号等の各種免許情報が、免許証内蔵のICチップに記録されています。

これらの免許情報は、大切な個人情報ですので不正防止のため、「IC免許用の暗証番号」が必要となります。

免許更新の申請の際に設定が必要になりますので、あらかじめ「4桁の数字×2組」を考えておいてください。

持病・疾患、障害、高齢などによる適性診断に関する相談などは、下記にお問い合わせください。

門真運転免許試験場 適性相談コーナー 06-6908-9121 内線384光明池運転免許試験場 適性相談コーナー0725-56-1881 内線384

コメントは受け付けていません。