運転免許証の再発行に必要となるもの

運転免許証の再発行に必要となるもの。

運転免許を紛失したり、著しく汚れたり破損したりして印字情報の一部が読み取れなくなってしまった場合(汚損・破損)は、免許証の再発行・再交付手続きを行う必要があります。

また本籍の変更など“運転免許証に記載事項変更”が生じた場合も、変更届と同時に再発行の手続きが必要になります。

再発行には「運転免許証再交付申請書」に必要事項を書き込んだうえで、所管する申請場所に届け出ることになります。

そのほか申請書提出と一緒に必要となるものは、「運転免許証紛失・盗難てん末書」、「申請用写真、縦3cm×横2.4cmのもの1枚」、さらに遺失や盗難、運転免許証自体では本人確認がむずかしい場合などは、別途身分証明書が必要になります。

身分証明書とは保険証、年金手帳、身体障害者手帳、パスポート、あるいは氏名・生年月日・住所などすべての事項が記載された社員証などです。

その他、学生証、住民票、外国人登録証明書などなども、身分証明書として有効です。

また持参すべきものの1つに「印鑑」があります。

認印でもOKですが、できるだけ印影がはっきりとしているもの、欠損のないものをおすすめします。

IC免許証の再発行には、暗証番号が必要です。

4桁の数字2組になっていますので控えを確認してください。

なお、持参する申請書用の写真の大きさは、縦3cm×横2.4cmのもので、無帽(帽子をかぶっていない状態)、正面向き、上三分身のものです。

バックは背景のないもので、申請期日から数えて半年以内に撮影されたものであれば構いません。

写真は、申請場所となる運転免許センター内に設置されています。

近隣に自動証明写真機(スピード写真)があればそれを利用して簡単に撮影できます。

運転免許証の再発行はどこでできる?遺失届けや盗難届は、警察署への届出をしていなくても、運転免許センターで再交付手続きを済ませられます。

ただし遺失・盗難の場合は、再交付手続きの前後どちらでも構いませんから、警察署や最寄りの交番・駐在所へ届け出ておきましょう。

交通取締りや検問などで免許証と本人との照合が必要になったときなどにスムーズです。

すでにご紹介しましたが、再発行と同時に本籍地・住所・氏名などの変更がある場合は、「住民票」、「外国人登録証明書」など、住所の変更や名前の変更が確認できる書類が必要になります。

必要書類は各都道府県それぞれで異なりますので、事前に所轄の免許センターへ問い合わせておくことをおすすめします。

運転免許の再発行は、運転免許センターの他、運転免許証に記載されている住所地の運転免許試験場や警察署でも受け付けてくれます。

しかし東京や神奈川などでは警察署での再交付手続きには応じてもらえません。

運転免許センター、運転免許試験場でのみの手続きとなります。

東京では「府中」、「鮫洲」、「江東」の試験場が再発行手続き場所となります。

原則、申請した日に再交付されますが、警察署での再発行は後日交付となります。

コメントは受け付けていません。